« 早朝散歩で考える | メイン | 輪袈裟を買いに行く »

2018年07月20日

したり顔

 会う人がみんな「呉市は災害で大変ですね」と気づかってくださる。
 ありがたいことだ。
 友人たちのことが気になるが、取り込んでいる最中に、役に立たない私が連絡を取るのは邪魔になるだけだろう。
 状況は人伝に聞いている。

 猛暑が続く。
 高校時代、学校で「暑い」と言ったら、
「日本の夏は暑いことに決まっている」
 と、担任に一喝されたことがある。

 そのときは「なるほど」と合点し、以来、どうにもならないことは甘受するようになった。

 だが、齢を重ね、仏法を囓るようになって、少し変わってきた。

 どうにもならないとわかっていることでも、
「でも」
 と思うのが人間ではないか。

 日本の夏は暑いことに決まっているし、そのことはわかっていても、
「でも」
 と、うらめしく思うことがある。
 それでこそ人間というものではないかと、したり顔で思うのである。

 大病をわずらい、死線をさまよった横浜の友人からメールがあり、この酷暑のなかを元気一杯で活躍しているとのこと。
 彼は介護事業を営み、僧侶でもあり、あれこれ夢も語っている。

 したり顔で能書きを言っている場合ではないと、これまた自分に言い聞かせるのだ。 

投稿者 mukaidani : 2018年07月20日 08:30