« 地震に備える | メイン | 「約束」の持つ意味 »

2018年06月26日

不毛の論戦

 仕事をかかえ、余計ながら愚妻を伴って、館山の国民休暇村に2泊ほどしてきた。
 自宅から1時間30分で着く。

 都心に出るのと同じ所要時間で、
「ちょっと、ひと風呂」
 という気分である。

 休暇村は3階建てで、海辺に建つ。
 目の前が砂浜。
 地震が来て、津波は大丈夫か。

 ふと気になり、
「ヤバくないか?」
 砂浜を歩きながら愚妻に言うと、
「大丈夫よ。駐車場の脇を抜けて高台に避難するように、案内に経路が書いてあったから」

 避難経路?
 私はそれを知らない。
 愚妻は知っていても、それを私には教えてくれていない。
 私を置き去りにして、自分だけ逃げるつもりなのか。

「なぜ、教えぬ」
「別に」
「自分だけ助かるつもりだな」
「あなたは長生きしたくないって、いつも言ってるじゃないの」
「そういう問題ではない」
「じゃ、どういう問題なのよ」

 ちょっと、ひと風呂が、結局はいつもの不毛の論戦になるのだ。

投稿者 mukaidani : 2018年06月26日 11:36