« 今夜も溜め息 | メイン | 不毛の論戦 »

2018年06月21日

地震に備える

 朝早くから、階下でゴトゴトと音がしている。
 降りると、愚妻が荷物を動かしている。

「何をしておる」
「大地震に備えて、水や非常食の保管場所を変えるのよ。すぐに取り出せるところがいいでしょう?」

 大阪地震に触発されたようだ。
 結構な心がけだ。

「しっかり頼むぞ」
 激励し、居間でコーヒーを飲んでいて、ふと思った。

(そもそも水や食糧はどこにしまってあったんだ?)

 何を、どのくらい買ってあるのか、私は知らない。
 どこにしまってあるのかも知らない。
 愚妻がいなければ、備蓄食糧はないのと同じではないか。

 これはまずい。

「で、どこにしまったのだ」
 問うと、
「いいのよ、私がわかっているから」

 いいわけがない。
 いいわけがないが、「教えてくれ」とは言いたくない。
 何事も愚妻まかせにしてきたツケが、こういうときに回ってくる。

 これからは、自分で動こう。
 自己責任の時代は、家庭にまで入ってきたのだ。

投稿者 mukaidani : 2018年06月21日 10:06