« メモは財産。 | メイン | 「逆張り」という生き方 »

2018年05月16日

早朝散策と風呂

 昨日も、今日も晴天。
 新緑を愛でながらの早朝散策は、何とも心地よい。
 ウォーキングを再開してから、朝が楽しみになっている。

 家を出るのは毎朝6時。
 以前、夏場は未明から歩き始めたが、季節に応じて時間を変えたのでは、季節の移ろいがわからない。
 それで、冬場の出発時間に合わせ、毎朝6時としている。

 帰宅は7時。
 愚妻が、近所の日帰り温泉へ出かける時間だ。

 道草を食って帰宅が7時を過ぎると、愚妻に怒られる。
 昨朝がそうだった。
「ちょっと、洗濯機を回して出かけるんだから、早く脱いでよ!」

 ウォーキングで汗をかくので、衣類を洗濯機に放り込んでから出かけるというわけだ。

 私は叱責に尻を叩かれながら急いで裸になり、自宅の朝風呂。
 愚妻はすぐさまクルマを飛ばして、日帰り温泉へ。

 私は狭い自宅の風呂に手足を縮めて浸かり、愚妻は肥満体を露天風呂にプカプカ浮かべ、サウナでムダに汗を流す。

 人生は何と不公平にできていることか。
 いや、不公平であることを人生と呼ぶのかもしれない。
 私は湯船でそんなことを考えるのだ。

投稿者 mukaidani : 2018年05月16日 10:55