« ババ・ハラスメント | メイン | 経験則 »

2018年04月25日

千年も万年も

 自宅の机の前の壁に、年間カレンダーを張り付けてある。
 1日が過ぎると印をつけていく。
 いま、ひょいと見ると、今年も早や4カ月がすぎようとしている。
 1年の3分の1ではないか。

 早い。
 いや、速いと書くべきか。

 生きていればの話だが、このペースでいけば3年、5年、10年は瞬(またた)く間である。

 生老病死を「四苦」と言う。
 私は「苦」には鈍感なのか、今年68歳を迎えるが、死を恐いとは思わない。

 取りあえず健康であることと、死を現実のものとして認識していないからだろうが、それでも死んだときの連絡先とか、愚妻に伝えておくべきことの準備を始めている。

 一方、愚妻はどうか。
 自分は死なないと思っている。

 昨夜も外食に行った店で、葬儀をどうするか訊いてみた。

「お前が先に死んだ場合、どうして欲しいのか、ちゃんとわしに言っておけ」
「大丈夫、死なないから」
「いつかは死ぬ」
「大丈夫、あなたより遅いから」
「そんなことはわからんではないか」
「大丈夫、わかっているから」

 焼酎をロックで飲みながら自信満々なのだ。
 ひょっとしたら、愚妻は千年も万年も生きるのではないか。
 鶴も亀もビックリするに違いない。

投稿者 mukaidani : 2018年04月25日 03:34