« 「ビートたけし」に思う | メイン | 空手指導の醍醐味 »

2018年04月05日

「教師」と「反面教師」

 今日は保護司の役員会があった。
 先日もあったが、所属によっていろいろあるのだ。

 仕事も溜まっているし、やることが山ほどあるので会議はパスしたいが、責任上、そうもいかない。

 で、会議が終わって、保護司の一人が雑談で花粉症に効くサプリの話をし始めた。
 サプリは人によって効く、効かないは当然あるが、彼には効くという。

 私は、ひどくはないが花粉症なので、帰宅してすぐにネットで注文してから、
「会議に出てよかった」
 ふと、そう思った。

 と同時に、何事も「何かプラスになることはないか」という姿勢で臨めば、嫌々やることはなくなるのではないかと閃いたのである。

 クルマを運転していて渋滞にハマれば、
「ゆっくり景色が見れていいな」
 と、イライラをプラスに転じることができる。

 煩悩は、そこにあるのではなく、自分の心がつくり出すものだ。
 となれば一喜一憂もまたしかり。

「教師」も「反面教師」も共に教師なのであり、それを活かすかどうかは自分次第であると、花粉症のサプリを引き金に、思いは脈絡なく広がっていくのだ。

投稿者 mukaidani : 2018年04月05日 20:54