« 「中途半端」考 | メイン | 「ビートたけし」に思う »

2018年04月01日

一週間という長さ

 週刊で連載を持つと、一週間がたちまち過ぎていく。
 これまで、コミックの原作を含め、ずいぶん連載物を手がけできたが、そのたびに、
「もう〆切か」
 と嘆息することになる。

 一週間がアッという間なら、一カ月も、一年もアッという間に過ぎていく。
 ということは、人生もそれだけ早く過ぎていくのではないかと、連載を持つたびに思ったことだ。

 だが、日曜という休日も毎週やってくるが、
「アッ、もう日曜か」
 ということはない。

「まだ週半ばか」
 と、日曜は遠くにある。

 同じ一週間のサイクルでありながら、〆切は早く来て、休日はなかなか来ない。
 結局、「早い」「遅い」は自分の心が決めると言うことか。

 苦楽も同様と、我が身に言い聞かせながら、明日〆切の連載コラムをしこしこと書いている。

投稿者 mukaidani : 2018年04月01日 15:16