« トイレの間違い。 | メイン | 結石の激痛にのたうつ »

2018年03月04日

言葉とは何なのか

「寸鉄人を刺す」
 という言葉がある。

「短い刃物で人を刺し殺す」
 ということから転じて、
「短く鋭い言葉で、人の急所をつく」
 という意味に用いる。

 政治家であれ、実業家であれ、ヤクザであれ、ひとかどの人物の言葉は、まさに「寸鉄人を刺す」なのだ。

 ある実業家は、
「根っこがなければ、桜は咲かない」
 と、私に言った。

 花を咲かそうとするなら根をしっかりと張れ、という意味に、そのとき若かった私は解釈したが、この歳になって振り返ると、
「あせるな」
 という意味ではなかったかと思うのだ。

 多忙なヤクザ親分に、
「忙しくて大変ですね」
 と私が言うと、親分はこともなげにこう言って笑った。
「お宅、息をするのに疲れるかい?」

 解釈は人それぞれだろう。
 含蓄に富んだ言葉だと今も思っている。

 いかな「万言」を費やそうとも、「寸鉄」たる言葉にはかなわない。

 人間は「言葉の動物」である。
 言葉とは、いったい何なのか。
 そんなことを、このころ本気になって考えるのだ。

投稿者 mukaidani : 2018年03月04日 12:19