« 英会話の「変換器」 | メイン | 会話の主導権 »

2018年02月16日

平昌オリンピック

 連日、平昌オリンピックの放送。
 金だ、銀だ、銅だと、番組のMCがあおる。
 選手のプレッシャーは大変なものだろう。

 どの競技もそうだが、最初は市町村大会で勝つことを目指し、勝てば満面の笑顔。

 ところが、次ぎは県大会で勝ちたくなる。
 さらにブロック大会、全国大会、そして世界大会にオリンピック。

 オリンピックに出場すること自体、最高の栄誉であるにもかかわらず、メダルが獲れなければ肩身が狭くなる。

 だからプレッシャーに苦しむ。

 まるで「イカロスの翼」である。

 高みを目指すことは素晴らしいことだ疑いなく思っているが、本当にそうなのだろうか。

 一流選手には「燃え尽き症候群」という言葉がある。
 一流校、一流会社に就職した若者には「五月病」というのがある。
 
 何に向かって全力疾走するのか。
 この視点を見失ってはなるまいと、平昌オリンピックを観ながら思うのである。

投稿者 mukaidani : 2018年02月16日 09:51