« | メイン | 平昌オリンピック »

2018年02月13日

英会話の「変換器」

 このところ、私は愚妻に英語で話しかけている。
 と言っても、英会話の「自動変換器」を通してである。

 愚妻に英会話を仕込んでやろうという、これは私のやさしさである。
 日本語で言えば即座に英語に直して発声してくれるので、実に便利だ。

 今朝、日帰り温泉へ出かけようとしている愚妻に、
「紅茶!」
 と、「自動変換器」を通して命じると、
「ティー、プリーズ!」(英語です)
 と、女性の声で発音してくれる。

 すると愚妻がジロリとニラんで、
「そんな英語、私だってわかるわよ」
 憎まれ口を叩くのだ。

 このところ海外旅行にはまったく興味がなく、私は温泉でごろごろしているほうがいいのだが、英会話で遊んでいると、
(行ってみようかな)
 という気になる。

「今年はどこか行くか?」
 愚妻に提案すると、
「パリなんかいいんじゃない?」
 こともなげに言う。
「バカ者、パリは英語じゃない」

 愚か者が、何のために私がわざわざ英語の「自動変換器」を買ったと思っているのか。
 にわかに海外旅行の気持ちは萎(な)えてしまい、愚妻は意気軒昂として日帰り温泉へ出かけて行くのだ。

投稿者 mukaidani : 2018年02月13日 10:38