« 「老い」と居直り | メイン | 雪ニモ負ケズ »

2018年01月21日

「お爺さん」という一語

 老いに抗(あらが)い、昨日の稽古は率先垂範で子供たちの指導をした。

 技のポイントや意味など、実際に見せながら解説したところが、小3の男児が私のそばにやってきて、ボソリと言った。

「館長はお爺さんなのに、よく身体が動くね」

「お爺さん」という一語が胸にグサリ。
 切り返しを身上とする私も、これには返答に詰まった次第。

 子供たちから見れば、68歳は祖父の年代である。
 跳んだりハネねたりする「爺さん」が、不思議なのだろう。
 そのうち、労(いたわ)ってくれるに違いない。

 そういえば昨年、私の両手を取って、
「館長、歩く練習をしましょうね」
 と言って、介護のマネをした小学校高学年の女児がいた。

 このときは笑って、私も一緒に楽しんだが、笑い事でない日はそう遠くないかもしれない。

「館長はお爺さんなのに、よく身体が動くね」

 この一語が、いまも私の頭の中で響いているのだ。

投稿者 mukaidani : 2018年01月21日 16:42