« 湯船で考える | メイン | 湿布とステッキ »

2018年01月09日

シャワーヘッドの交換

 風呂のシャワーが、少しだが水漏れするようになった。
 昨年暮れ、
「そろそろシャワーヘッドも交換だな」
 と私が言ったが、根拠のない指摘に愚妻は鼻で笑って、
「何で換えるのよ。全然、平気じゃないの」

 バチ当たりが、私の勘の鋭さに気づかないのだ。

 で、新年早々、水漏れ。
 愚妻がシャワーヘッドを買ってきて、交換しろと言う。

「簡単よ。ネジを弛めて、差して、締めるだけだから」
 実に無礼な言い方をする。

「難しいから」
 と懇願するなら、
「よし」
 と私も張り切るが、「簡単なのよ」と言われたのでは、やる気は起こらない。

「簡単なら、お前がやればよい」
 私はヘソを曲げ、愚妻が取り付けた。
 最初から、自分でやればいいのだ。

 人に依頼するとき、
「簡単だから」
 と言うのと、
「難しいから」
 と言うのと、どっちがいいか。

 本当に難しい案件は「簡単だから」と言って相手を乗せ、簡単な案件は「難しいから」と自尊心をくすぐるのがいいようだ。

 今年も早々に、愚妻のおかげで、またひとつ勉強になった。
 実りの多い年になりそうである。

投稿者 mukaidani : 2018年01月09日 19:51