« 「うなずく」ということ | メイン | 人間の劣化 »

2017年12月08日

「世相」と人生観

「人に、後ろ指を差されるような人間になってはいけない」
 と、母親から言われて育った。

 小学生のとき、女の先生が、
「騙す人より、騙される人になりなさい」
 と授業で話したことを、いまも覚えている。

 だが、世間を見まわすと、トランプ大統領が象徴するように、「人に後ろ指を差される人」が主役となり、良くも悪くも常に脚光を浴びている。

 一連の相撲騒動だって、「後ろ指を差される人」が主役を張り続けている。

「モリ・カケ疑惑」を引き合いに出すまでもなく、「騙す人」がいい目を見て、「騙される人」が貧乏クジを引かされる。

 問題はここからで、
「だから、自分もうまく立ち回ろう」
 と考えるか、
「自分はそうはやらない」
 と、世相を批判するか。

 残り少ない人生を前にして、いまさら人生観でもないが、これから自分はどう処していくべきか、いささか気になるのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年12月08日 11:43