« 偶然を「縁」と考える | メイン | 「世相」と人生観 »

2017年12月06日

「うなずく」ということ

 茶の間でテレビを観ながら、
「お茶、飲む?」
 愚妻に問われて、私がコクリとうなずく。

「バナナ、食べる?」
 愚妻に問われて、私がコクリとうなずく。

「風呂、入る?」
 愚妻に問われて、私がコクリとうなずく。

「いいわよねぇ、うなずいていればいいんだから」
 愚妻が溜息をついて、文句を言う。

 浅はかな女だ。
 うなずくということが、どれほど心身に負担になるか知らないのだ。

 ことに週刊誌記者時代がそうだったが、取材というのは「聞き役」である。
 要点を過不足なくしゃべってくれる場合はいいが、ピント外れのことを延々と聞かされることがある。

 話の腰を折ってはいけないので、相づちだけは熱心に打ちつつ、話を核心にもどすべく機会をうかがう。

 だが、相づちは、うなずくという動作をともなう。
 これが楽ではないのだ。

 まして、相手が渦中のキィーパーソンで、どうしても話を引き出したいときは、うなずきもオーバージェスチャーになる。
 これが何時間も続けば、マジに首が痛くなるのだ。

 私は首を痛くしながら、妻子を養ってきたのだ。
 かつてのこの苦労も知らず
「いいわよねぇ、うなずいていればいいんだから」
 と、愚妻はノーテンキに言い放つ。

 私はこうして今日も、報(むく)われざる人生を歩んでいるのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年12月06日 14:24