« 「継続」という苦しさ | メイン | スズメ百まで »

2017年10月13日

「馴れ」を戒める

 愚妻は連日、日帰り温泉に通っている。

「行ってくるわね」
「ただいま」

 と、これまで言っていたが、最近は口にしなくなった。
 当たり前になったからだ。
 これが、馴れの恐さである。

 蓮如上人にいわく、

『ひとつのことを聞きて、いつもめずらしく初めたるやうに、信のうへにはあるべきなり』

 意味は、
「同じ教えを聞いても、いつも目新しく初めて耳にするかのように思うべきである」
 というもので、聴聞の心構えを説いたもの。
 
 真宗僧侶の私としてはこの教えを守り、愚妻がいつも初めて日帰り温泉に行ってきたように接するのだ。

「どこへ行ってきたんだ?」
「日帰り温泉」
「ほう、キミは日帰り温泉へ行っているのか!」
「ちょっと、それってイヤ味じゃない」

 ヘソを曲げ、
「もうこれから週に2、3回にするわ」
 と、プリプリ怒っている。

 私は決してイヤ味ではなく、
「同じ教えを聞いても、いつも目新しく初めて耳にするかのように思うべきである」
 という諭しを忠実に実践しただけなのだが、夫婦仲が険悪になってしまった。
 蓮如上人も罪作りなものである。

投稿者 mukaidani : 2017年10月13日 12:35