« 温泉も疲れるのだ | メイン | 大洗海岸と取材 »

2017年08月14日

「その道」で稼がす

 昨日は墓参り。
 霊園なので、大勢の人たちがお参りに来ていた。

 若い両親や、幼い子供が一所懸命にお墓を掃除している。
 宗教離れが叫ばれて久しいが、こうした光景を目の当たりにすると、仏教離れの真因は寺や僧侶、教団の姿勢にあるのではないかと思う。

 経済原則にのっとれば、葬儀社が利潤を追求するのは当然だが、それが結果として葬儀費用の高騰を招き、葬儀離れを加速させた。

 ならばというので、家族葬など安価な葬儀を考え出す。

 葬儀社にとって葬儀はビジネスだからそれでいい。

 だが、僧侶はどうだろうか。

 僧侶派遣会社の社長が、
「うちの登録者は、寺持ちの住職さんが半数以上です」
 と私に言っていたが、住職といえども霞(かすみ)を食って生きていくわけにはいかず、経済活動は必要だ。

 となれば、一般バイトのハケン会社と同じで、葬儀の仕事を回す僧侶派遣会社が強くなる。
 かくして派遣会社の膝下となり、僧侶の本来のあるべき姿から次第に遠くなっていき、結果が「仏教離れ」につながっていく。

 こう考えていくと、「坊主で食う」という処し方に問題があるという結論に達する。

 ほかに生活の手段を持っていれば、坊主で食う必要はなく、活動はフリーハンドである。

 これは坊主に限らず、「その道で本気で生きよう」と欲するなら、「その道」を生活の手段にしてはならないということになる。

 坊主として本気で活動するなら、坊主としてメシは食わず。

 そんなことを思った墓参りである。

投稿者 mukaidani : 2017年08月14日 12:01