« 英会話の極意 | メイン | 女性が輝く社会 »

2017年07月28日

憎まれ口

『驕るなよ 丸い月夜もただ一夜』

 一休禅師の言葉である。

「安倍総理、調子に乗っているわね」
 とは、かねて我が家の愚妻でさえも言っていたことだ。

 そのことを諫言する側近が安倍総理にはいなかったのか、言っても耳を貸さなかったのか。

 憲法改正を悲願とするのなら、支持率を維持するため、むしろ謙虚に振る舞うベきであったろう。

「人間は得意の絶頂でつまづく」
 とは、私が折りに触れて書くことだが、ホントにそうである。

 私は残念ながら「得意の絶頂」は、はるか彼方。
「丸い月夜」にもならず、細い三日月のままである。
 したがって、つまづきようがないのだ。

 そう言って愚妻に胸を張ると、
「最初からつまづいているんじゃないの?」

 稲田辞任のニュースを見ながら、愚妻の憎まれ口は絶好調なのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年07月28日 16:32