« 朝のひとコマ | メイン | 憎まれ口 »

2017年07月25日

英会話の極意

 沖縄の古武道総本部・文武館からの依頼で、日曜、月曜の2日間、来日中の外国人の方に、都内でトンファ(武具)の個人レッスンをした。

 所用で来日し、東京に数日滞在するので、朝か夕刻、1時間30分程度の指導を希望しているということだ。

 41歳の壮年である。
 佐倉市の私の道場へ来てもらえばいいのだが、彼は過密スケジュール。
 それで、私が都内に出向いたという次第。

 彼は英語を母国語としない国の人間だが、流暢に英語を話す。
 私は超ブロークンの英語。

 だが、私は「教える人」で、彼は「教わる人」。
 超ブロークンであっても、彼は必死で理解しようとする。
 そんなわけで指導はスムーズにいった(たぶん)。

 古武道の技術指導もさることながら、礼(お辞儀)についての解説に、彼は興味を示してくれた。
 日本の文化や精神について話そうとしたが、日本語で説明しても容易に理解できないテーマ。
 まして、私の超ブロークン英語では、誤解の元である。
 やむなく所作だけ説明した。

 それでも、コミュニケーションはじゅうぶん取れたようだ。
 ペラペラと言われたのでよくわからないが、私について「ユニーク」「インタレスト」という単語は聞き取れた。

 その意味するところは不明だが、11月に来日するので、また会って話がしたいといったようなことを言っていた。
 繰り返し「ノーベンバー」と言っていたので、来日するのだろう。
 フェイスブックで連絡するようなことを言っていた。

 それはともかく、かねて英会話を勉強しなくてはと思っていたが、やはり必要のようだ。
 帰宅して、愚妻にこのことを告げると、
「ちょっと、あなた、英会話を習いに何カ所行ったのよ。もうペラペラのはずでしょ」
 嫌味なことを言うのだ。

 で、昨夜、考えた。

 きちん英語をしゃべろうとするから、言葉に詰まるのだ。

 最初からブロークンと割り切り、文法など無視してブロークンで覚えればいいのではないか。

 これなら簡単だ。
 目からウロコである。
 トンファを指導して、英会話の極意に気づいた2日間であった。

投稿者 mukaidani : 2017年07月25日 09:42