« 「千里の道」ということ | メイン | 英会話の極意 »

2017年07月21日

朝のひとコマ

 早朝ウォーキングは6時スタート。
 すでに太陽は昇っていて暑い。
 だが、季節によって出発時間を変えると、季節の移ろいを感じることができない。
 で、真冬に焦点を合わせ、夏といえども朝6時に出発するというわけだ。

 愚妻が浸かりに行く近所の温泉は、7時オープン。
 露天風呂で日焼けするのがイヤだということで、愚妻は7時に出かける。

 だから、私がウォーキングから帰宅すると、玄関で鉢合わせする。
 私は自宅の風呂で汗を流すと、そそくさと仕事に取りかかり、愚妻は温泉に浸かってのんびり。
 きっと鼻歌でも歌っているのだろう。

「幸せとは何か」
 ということを、考えさせられる朝のひとコマである。

投稿者 mukaidani : 2017年07月21日 08:33