« ものごとは考えよう | メイン | 「千里の道」ということ »

2017年07月15日

カエルとヒアリ

 今朝もウォーキングをしていると、小さなカエルが道端をピョコピョコと跳ねていた。
 田圃(たんぼ)があるからだろう。
 1センチ程度の大きさなので、足元を見ながら歩かないと踏みつぶしそうになる。

 唐突に、「安居(あんご)」という言葉が脳裡をよぎる、

 安居とは、個々に活動していた僧侶たちが一定期間、一カ所に集まって集団で修行すること。およびその期間のことを指すが、本来の目的は、雨期は数多くの小動物が活動するため、遊行(外での修行)をやめて一カ所に定住することにより、小動物に対する無用な殺生を防ぐことである。

 お釈迦さんの時代からそうだという。
 今朝、カエルを踏みつぶさないように気をつけて歩いていて、お釈迦さんに思いを馳せていると、これまた唐突に、いま問題になっているヒアリのことが脳裡をよぎる。

 ヒアリは殺していいのだ。

 人間に害を及ぼすからだ。

 それは当然だと思いつつも、「危険だから殺す」という発想は、人間の都合ではないのか。

「ISは危険だから抹殺してしまえ」
 という発想と、論理的にどこがどう違うのだろう。

 だが、ISもヒアリも放置しておくわけにはいかない。

「すべての命は平等に尊い」としながらも、これを抹殺することを「正義」とする。

「害を及ぼす」という理由が、殺傷という行為を正当化するのであれば、戦争は永遠になくなりはしない。

 平和を求めるがゆえに、人間は戦争をする。
 矛盾である。
 私たちは、こうして矛盾を生きてる。
 テロと戦い、ヒアリの駆逐を通して、このことを忘れてはなるまいと自分に言い聞かせるのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年07月15日 08:28