« 人生のオトシマエ | メイン | ものごとは考えよう »

2017年07月06日

「得」という「まやかし」

 愚妻は、今朝も近所の日帰り温泉へ。
 連日、出かけるのにはわけがある。
 JAFの会員カードを見せると、バスタオルとタオルの使用料が無料になることを先日、知ったのだそうだ。

「だから、行けばいくほど得なのよ」
 と言いながら、JAFの年会費を一回当たりのタオル使用料で割り算し、何回で元が取れるか計算している。

 浅はかな女だ。
 タオル使用料は無料でも、入館料がかかるではないか。
 行けば行くほどカネがかかるのだ。

「バカ者」
 と叱責しようとして、唐突に「朝三暮四」の故事が頭をよぎる。
 ハハーン、愚妻は連日の温泉通いに「正当性」を持たせるため、タオル使用料タダの話を私にしているのではないか。
 そこに気がついた。
 サルではあるまいし、そんなことで私は騙されないのだ。

「おい、ホテルのディナーバイキングは、65歳以上は通常料金の2割り引きだ。行けば行くほど得をするぞ」
「おい、映画は60歳以上は1100円で見られる。700円引きだ。行けば行くほど得をするぞ」

 黙って聞いていた愚妻があきれ顔で、
「バカみたい」

 自分のことは棚に上げて言うのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年07月06日 22:45