« 人生の醍醐味は晩年 | メイン | 熊本から帰宅 »

2017年05月11日

庭の赤い花

 仏間からひょいと庭に目をやると、小雨を宿して色鮮やかな赤い花が咲いている。
「おい、あの花は何だ」
 愚妻を呼びつけて問うと、石楠花(しゃくなげ)だと言う。

「きれいだな。いつ植えたんだ?」
 重ねて問うと、愚妻は私の顔をまじまじと見て、
「かれこれ15年になるのよ」

 愚妻の懸念はわかっている。
 私の頭がヨレてきたのではないかと疑っているのだ。
 冗談じゃない。
 私の半生は、庭の花に気づかないほどに忙しかったということなのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年05月11日 01:24