« 「外敵」と「内敵」 | メイン | 人生の醍醐味は晩年 »

2017年04月29日

北ミサイルと露天風呂

 北朝鮮とアメリカの戦争に備え、雨戸を閉めて臨戦態勢に入っていた愚妻が拍子抜けしている。

 北ミサイルが、自国にあっけなく落っこちたからである。

 愚妻は籠城に備え、食糧もしっかり用意していたそうだ。
 温泉スーパー銭湯にも出かけないでいた。
 露天風呂に浸かっているときに、ドンパチが始まるとヤバイからだそうだ。

 ミサイルに限らず、愚妻は危機に対する防御反応が敏感なのだ。
 アメリカも、ヨーロッパも、アジアもテロが起こっているので、海外旅行は行かないと言っている。
 それで、ごく近場の温泉スーパー銭湯を気に入っていたのだが、将軍サマがミサイルを飛ばすと言うから、そこにも行かない。

 だが、露天風呂には入りたいらしい。

「もう大丈夫かしら?」
「これからが危ない」
「来週になったらいいかしら?」
「もっと危ない」
「いつになったらいいかしら?」
「将軍サマにきいてみろ」

 わが家では、そんな会話をしているのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年04月29日 20:14