« 「おい、お茶!」 | メイン | 自分を律する »

2017年04月02日

夫婦でジェスチャー

 わが老夫婦は、くだらない会話が多すぎるので、世間並みに「会話のない夫婦」を目指すことにした。

 一昨日、それを愚妻に宣言した。

「いいか、夫婦の会話は一日10分までだぞ」
「あなたがくだらないことをしゃべっているだけでしょ」
「バカ者。会話というのはキャッチボールだ。わしが一人でしゃべっているというのは論理的に矛盾がある」
「それがくだらないことって言うのよ」

 ああ言えばこう言うで、「一日10分」は無理だと判断。
「しょうがない。妥協して、一日20分にしてやる」
「あなたが黙っていればいいことよ」
「何を言う!」

 そんなこんなで、「会話のない夫婦」というのは難しいものだ。

 しょうがないから、用事を言いつけるときジェスチャーで意思表示することにしたのだが、愚妻はこれ幸いと、わからないフリをしてジェスチャーで返してくる。
 度しがたい女なのだ。

 今日は午後から市連の審判講習会。
 私が担当する保護観察対象は何人もいる。
 仕事にも追われ、能登の温泉では結局、原稿を書いていた。
 桜を観る時間が取れるのか。

 愚妻相手にジェスチャーなどやっている場合ではないのだ。
 

投稿者 mukaidani : 2017年04月02日 07:58