« 指導者の反省 | メイン | 「満たされる」という不幸 »

2017年03月24日

「政治家失格」ということ

 連日、森友学園のニュース。
「ああでもない、こうでもない」
 とにぎやかなことだ。

 真相は知るよしもないが、逆説的に言えば、
「政治家に頼んで便宜を図ってもらえないなら、それは政治家として役に立たない」
 ということになる。

 つまり、政治家失格。
 ずいぶん前に、『政治家の実戦心理術』という本を書いた私としては、そう思うのである。

 それにしても、ワイドショーを見ていると、「安倍擁護」のコメンテータが多いのにはあきれてしまう。
 本人たちは、それを悟られないようニュートラルを装うことに腐心しているが、それを見るのは楽しいものだ。

投稿者 mukaidani : 2017年03月24日 16:35