« 夫婦の「間合い」 | メイン | 指導者の反省 »

2017年03月18日

「オメデトウ」という言葉

 今朝は、築地本願寺にお参りしてきた。
 お参りはともかく、友人で、若い僧侶のT君といろいろ話もあり、築地で待ち合わせたという次第。

 私も年齢からして、そろそろ僧侶活動に本腰を入れなくてはと思いつつ、日々の仕事に追われて、ままならないでいる。
 だが、そうは言ってもいられないので、一歩を踏み出さなければならない。
 T君は僧侶としては駆け出しだが、彼の話は刺激になり、意を強くした。

 人生、何歳になってもチャレンジ。
 燃え尽きるまでチャレンジである。

 いま卒業式のシーズンだ。
 来月は入学式だ。
 道場の子供たちを見ていて、「入学」と「卒業」と、どっちがお目出たいのか、ふと考えてしまう。

 愚妻に問いかけると、
「どっちもメデタイのよ」
 と、浅学そのままに、ざっくりとした言い方をする。

 入学は「誕生」、卒業は「往生(死去)」と、私は置き換えて考えてしまう。

 浄土真宗は、「死」を「往生素懐(そかい)を遂げる」と受け取る。
「現世を去って、極楽浄土に生まれたいという平素からの願いが果たされた」
 というわけだ。

 だから、お目出たい。

 仏教は、「生」を「苦」と説く。
 となれば「誕生」は果たしてお目出たいのか。

 こう考えると、オギャと生まれたら、
「このたびはご愁傷様でした」

 亡くなったら、
「このたびはお目出とうこざいました」

 こう言うのが正しいということになる。

 愚妻に告げると、
「そんなこと言ってたら、人に嫌われるわよ」
 これも、ざっくりとした言い方をするのだ。

「オメデトウ」
 とは、いったい何なのか。

 しばし考えつつ、
「ヘタな考え、休むに似たり」
 そんな言葉が、私の脳裡をよぎるのだ。

投稿者 mukaidani : 2017年03月18日 15:25