« 親御さんに話しをするか? | メイン | 「オメデトウ」という言葉 »

2017年03月16日

夫婦の「間合い」

 愚妻は早々にスーパー銭湯に出かけた。
 クルマで5分ほどの距離だから、気軽に行けるのだろう。
「朝は空いているのよねぇ」
 と、ノー天気なことを言っている。
 朝から露天風呂に浸かるヒマ人がどこにいる。

 これまでであれば、
「行く?」
 と私に声をかけていたはずだが、いまはそういうことはない。
「行ってくるわ」
 言い置いて、さっさと出かける。

 お互い、干渉の度合いが低くなってきている。
 ほどよい距離感である。
「君子の交わりは、淡きこと水の如し」
 と言うが、夫婦も一定の年齢になれば、「水の如し」がいいということか。

 武道の極意は「間合い」にある。
 相手と対峙しつつ、近寄ったり離れたり、「虚」をつくったりしながら、勝ちという「実」を得る。

 空手を50年やってきて気づいたのは、人間関係を制するのは、武道と同じく「間合い」ということである。
 言葉を変えれば、
「虚と実の狭間に勝機あり」
 ということになる。

 そのうち、愚妻との「間合い」はうんと離れ、最後は「この世と、あの世」になる。
 もはや戦いにはならない。
 虚も実も不要。

 となれば、虚と実を用いて駆け引きする今を、もっと楽しむべきだろう。
 
 今夜は、編集者と打ち合わせ。
 テーマは「生き方論」になる。

投稿者 mukaidani : 2017年03月16日 10:33