« 「私は悪くない」という主張 | メイン | 人生の〝地ならし〟 »

2017年03月05日

「素直」ということ

 春眠の季節には少し早いが、このところ毎日が眠い。
 愚妻に告げると、
「誰だって眠いわよ」
 と、憎まれ口を叩く。

 道場で椅子に座り、居眠りしていると、
「ちょっと館長、そんなところで寝ないでよ」
 と非難する子供たちのほうが、素直で気持ちがいい。

 人間は素直が一番。
 このことを改めて思うのである。

 今朝、日の出は、太陽がオレンジ色に輝いていて、とてもきれいだった。
 といっても、所用でクルマで出かけ、バックミラーに映っていたのだ。
 この日の出が映画のシーンであれば、わざとらしく思うのだろう。
 素直というのは難しいものだと、運転しながら思うことであった。

投稿者 mukaidani : 2017年03月05日 14:19