« 前向きに考える | メイン | 「素直」ということ »

2017年03月03日

「私は悪くない」という主張

 マレーシアの金正男暗殺事件も、国有地払い下げの森友問題も、「ああ言えば、こう言う」で、言葉は重宝なものだと、改めて感じる。

 わが家の愚妻など特にそうだが、
「私が悪うござんした」
 と、非を認める謝罪の言葉など、とんと聞かなくなった。

 これは、いわゆる「価値観の多様化」と「個の尊重」、さらに「新旧価値観の相違」が背景にあるのだろう。

「あんたは間違っておる」
 と非難する尺度がなくなってきたのだ。

「あんたは間違っておる」
 と言おうものなら、
「それって、旧い価値観!」
 たちまち噛みつかれてしまう。

 そう言えば先日、
「こら、腰を落とせ!」
 稽古中に小学校高学年の女子を怒鳴りつけたら、
「あっ、館長、それってパワハラだよ」

 私をカラかっているのはわかるが、何だかイヤな世のなかになってきたもんじゃないか。

 子供も大人も、主張だけは口達者になってきたが、
「私が悪うござんした」
 と、素直に非を認めることがなくなってきた。

 盗人にさえ三分の理があるのだ。
 居直れば、誰だって「言い分」はあり、
「だから、私は悪くない」
 という主張になる。

 それで、ホントにいいのか?

投稿者 mukaidani : 2017年03月03日 13:39