« ブドウと皮 | メイン | 「弱小人間」の時代 »

2016年10月12日

夫婦の攻防

 今朝、二階の自室から階下におりようとして手すりをつかみそこね、あやうく頭から階段を転げ落ちるところだった。
 何かとせわしく、急いでいたためだ。

「おい、頭から転げ落ちるところだったぞ」
 愚妻に言うと、
「気をつけてよ」
 ノンキな声で言って、あとはテレビを観ている。

「死んだかもしれないんだぞ」
 私が憮然としてアピールするが、
「死ねばいいけど、寝たきりになったらどうするの」
 と、受け流す。

 私は頭にきて、
「おまえが世話するしかないだろう!」
 と攻め込む。
「イヤよ」
「じゃ、どうするんだ」
「だから階段から落ちないように気をつけてと、さっきから言ってるじゃないの」
 夫婦の攻防は、いつも平行線をたどるのだ。

投稿者 mukaidani : 2016年10月12日 21:48