« 心機一転である | メイン | 「本末転倒」を考える »

2016年03月03日

「ウソ」と「正直」

「消費税アップの再延期は絶対しない」
 と明言していた安倍総理が、モゴモゴ言い始めた。

 景気が悪いままだと、再延期はあるかもしれない。

「じゃ、安倍はウソをついたのか」
 となれば、
「いや、あのときは本気でそう思っていた」
 と反論するだろう。

 これが「ウソのレトリック」である。

 その時々においては「正直」であっても、そこに一貫性がないことを「ウソ」と言う。

「キミを一生、幸せにする」
 と言って結婚し、すぐに離婚しても、
「あのときは本気でそう思っていた。ウソじゃない」
 という理屈だ。

 もっともらしいが、これを「ウソ」と言うのだ。

 そして、反対にウソをついていても、それが一貫していれば「正直」と言う。

 ウソが正直になり、正直がウソになる。
 ウソとは何か、正直とは何か。
 考えいくと、なかなか深い意味を持っているのだ。

投稿者 mukaidani : 2016年03月03日 23:57