« 軍事パレードの行進 | メイン | 一人でメシを食いに行く »

2013年08月04日

忙しい一日

 昨日は愚妻を連れ、朝6時出発で、埼玉県行田市の「古代蓮の里」に出かけた。

 特に理由はない。
 例によって、私の気まぐれ。
 無性に蓮(はす)の華が見たくなり、ネットで検索して出かけたのだ。

 広大な公園を散策しながら、「泥中(でいちゅう)の蓮」について、愚妻に話して聞かせる。

「『泥中の蓮』とは、悪い環境に染まらず、清く生きることのたとえだ。泥の中でも、清らかな花を咲かせる蓮のように、周囲の汚れた環境に影響されずに正しく生きることを言う。仏教では、蓮を悟りにたとえる」

 すると愚妻は、
「その逆はないの?」
「どういう意味だ」
「良い環境にあっても、それに染まらず、わがままに生きる華よ」

 私に対するイヤ味である。
 バチ当たりなことだ。

 余談ながら、愚妻が授かった法名(他宗で言う戒名)は「釋浄華」。
「浄華」とは蓮の華のことだ。
 愚妻の法名にされて、蓮の華も迷惑なことだろう。
 まったくもって申しわけないことだと、私は心のなかで蓮の華に手を合わせ、謝ったのである。


 行田市に行ったついでに、深谷市まで足を伸ばし、日帰り温泉に浸かる。
 これがなかなか気持ちがよく、これからは山梨に加え、深谷にも出かけることにする。
 こちらは宿泊もできるので、便利がよさそうである。

 夕刻、帰宅。
 印旛沼の花火大会があるので、見物に出かける。
 花火はどうでもいいのだが、3年前に新調した浴衣が2枚あり、一度も袖を通していない。

 2枚を一度に着るわけにはいかないので、とりあえず今年は1枚に袖を通すことにした次第。
 素肌に着ると、気持ちがいい。
「花火には、やはり浴衣じゃのう」
 と言うと、
「こうして花火を見に出かけるの、30年ぶりかしらねぇ。あのときは途中で大雨が降って風邪を引いて・・・」
 愚妻は、どこまでもネガティブなのである。

投稿者 mukaidani : 2013年08月04日 11:32