« 「ユッケ社長」の土下座 | メイン | 「節電を喜ぶ」を考える »

2011年05月14日

「オシドリ夫婦」の由来

 仲のいい夫婦のことを「オシドリ夫婦」と言うが、オシドリがどんな鳥であるかは意外に知られていないようである。

 オシドリは《がんかも科》の水鳥で、漢字で「鴛鴦」と書く。
 鴛(えん)はオス、鴦(おう)はメスのことで、雄雌が番(つがい)になって離れないことから、夫婦仲の睦まじいことことのたとえとして使われるが、中国の故事に『鴛鴦(えんおう)の契(ちぎ)り』というのがある。

 真のオシドリ夫婦がどんなものであるか、この故事がよく表しているので紹介しておう。

 その昔、中国の戦国時代のこと。
 宋の康王(こうおう)が、家来である韓憑(かんひょう)の美しい妻を権力で奪い取った。
 韓憑は痛憤のあまり自殺するのだが、妻もまた、
「夫と一緒に葬って欲しい」
 という遺書を残して、後追い自殺した。

 民衆は2人に深く同情したが、これに怒った康王は、2人の墓をわざと向かい合わせにつくり、
「もし墓を1つに合わせられるなら、やってみるがよかろう」
 と言い放ったのである。
「そんなことができるわけがない」と見こしたうえでの嫌味であった。

 ところがどうだ。
 一晩で、たちまち梓(あずさ)の木がそれぞれの墓から生え出てきたではないか。
 さらに10日ほどすると、2つの木は枝がつながり、根は1つにからまり合った。梓の木によって、ふたりの墓は2つに合わさったのである。

 そして、この木の枝の上には、ひと番(つがい)オシドリが棲みつき、1日じゅう悲しげに鳴いたそうだ。
 これが「オシドリ夫婦」なのである。


 いい話ですな。
「それに引き換えわが家は」
 なんてボヤきはともかく、愚妻といえでも他人同士が縁あって夫婦となったのだ。オシドリとまではいかなくても、夫婦して笑って生きていきたいものではないか。

投稿者 mukaidani : 2011年05月14日 07:35