« 女と「仕分け能力」 | メイン | 会社員の傷害事件に思う »

2010年05月22日

勝間和代さんと「自動車」

 人気の経済評論家、勝間和代さんが都内でタクシーに追突された。

 このニュースを見たとき、
(命は大丈夫か!)
 と、本当に心配した。

 というのも、勝間さんは移動時間のムダを省くため、都内はスポーツ自転車で毎日30キロ前後を移動している、と著書に書いてあったからだ。

 すべてを生産性で割り切るのもどうかとは思うが、スポーツ自転車で都内を移動しているというからには、
(この人は本気なんだな)
 と感心し、
(わしも自転車に乗ってみようか)
 と、ふと思ったものだった。

 だから、タクシーに追突されたというニュースの見出しに、
(大丈夫か?)
 と心配したわけである。

 ところがニュースを読んでみると、勝間さんはクルマを運転したと書いてあるではないか。

 それも平日の午後1時。
(なんだ、自転車じゃないのか)

 皮肉でなく、肩すかしの気持ちだった。

 「1日30キロを自転車」とはいっても、クルマを運転して移動することもあるのだろう。

 言行不一致などとヤボなことを言うつもりはないが、自転車移動に感心していた私にしてみれば、
(なんだかなァ)
 という思いがするのである。

投稿者 mukaidani : 2010年05月22日 12:01