« 東国原知事の発言に首をかしげる | メイン | 勝間和代さんと「自動車」 »

2010年05月21日

女と「仕分け能力」

 面白い川柳である。

《仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い》

 第一生命保険が20日発表した「サラリーマン川柳コンクール」で、第1位になったものである。

 仕分け人というのは、きっと蓮舫議員のことなんでしょうね。

 そういえば、結婚したての若いフリーライターが、
「女房のしゃべり方が、仕分けするときの蓮舫議員にそっくりなんですよ」
 と、私にボヤいたことがある。

「あなた、毎晩、飲んで帰らなければいけないんですか」
「仕事のつき合いなんだから、しょうがねぇだろ」
「飲むことが仕事にどう関わっているか、きちんと説明してください」

 こんな会話がかわされるのだという。

 確かに、これじゃ、やりにくかろう。

 公益法人のムダを追求するのはぜひともやらなければならないが、この〝発想〟を人間社会や人間関係に持ち込むのはいかがなものか。

「なぜ」
「どうして」
 と追求されたら、私の言動など矛盾だらけで、即刻、仕分けされてしまうだろう。

 矛盾だらけで生きているのが人間である以上、ムダも当然ある。
 ムダによって心が豊かになることもあるのだ。

 公益法人にとってムダは「悪」であっても、人間にとってムダは「善」だと私は思うのである。

 このことを、愚妻に話して聞かせると、
「それって、自己弁護じゃないの」

 言外に、
「ムダが人生をどう豊かにするか、根拠を示せ」
 と言っているのだ。

 どうやら女というのは、生まれながらにして、仕分けの能力を持っているということか。
 逆らうことの愚かさを、私は悟ったのである。
 

投稿者 mukaidani : 2010年05月21日 15:34