2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2018年07月28日

親鸞とヤクザ組長

 拙著『親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら』(KKベストセラーズ)が発売になった。

 本書の帯に「異色の仏教エンタテイメント小説登場!」とあるように、「ヤクザ」と「仏教」という正反対のものをコラボさせた異色にして、新しい試みの作品である。

 まず、読んで面白いこと。
 そのうえで、仏教とヤクザ社会の一端を知ってもらえればいいと思って書いた。
 なんとか目的は達せられたのではないかと自負している。

 今後、こうした小説的な構成を取り入れながらハウツーが書ければ、新たな方法論になるだろうと、勝手に期待しているところである。

 ヤクザは自分の力をたのみにする「自力」の世界。
 その組長に親鸞が「絶対他力」を説いたらどういうことになるか。

 ヤクザ組長を私たちの「写し鏡」として描いた。
 一読願えれば幸甚である。

 ついでながら、9月13日(木)午後7時から、築地本願寺「銀座サロン」にて、本書のタイトルをお題として話をする。
 今度で4回目の出講となる。
 乞う、ご期待(と言いたいところである)

投稿者 mukaidani : 11:19

2018年07月27日

『立ち上がれ日大マン!』という本

 日本大学アメフト部の内田元監督が、関東学生連盟の除名処分について、異議申し立てをするとかしないとか、記事が出ている。

 新監督が決まりはしたが、果たして日大アメフト部は生まれ変わることができるのかどうか。
 OBも多く、なかなか難しい問題があるだろう。

 私が週刊誌記者時代、日大アメフト部を築いた伝説の故篠竹監督とメシを食ったことがあるが、〝付き人〟の学生部員が膝をつき、篠竹監督の運動靴のヒモを結んでいたのには驚いたものだ。

 と同時に、カリスマとはこうしたものなのかと、感心もしたことをおぼえている。

 日大OBには知人も友人もいて私は好きな大学なのだが、いまの「日大・田中体制」には問題あるとして、メディアが批判するなか、きわめつけの本がこのたび出版された。

 題して、

『立ち上がれ日大マン! 黒幕田中体制に挑戦』(人間の科学新社)

 長年、果敢に日大批判を展開してきた「敬天新聞」社主の白倉康夫氏が著者だけに、リアルで、日大内部の深層で何が行われてきたかよくわかる。

 東京医科大学の不正入試疑惑など、少子化というトレンドのなかで、大学の在り方がいま俎上に乗せられている。
 大学とは何かを考える上でも、本書は必読の書である。

投稿者 mukaidani : 10:28

2018年07月25日

猛暑の実感

 昨日は用事ができ、都内へ出かけた。
 人に会ったあと移動するかもしれないので、考えた末、電車にした。

 午後の出発であり、愚妻にクルマで駅まで送らせたので、涼しくてよかった。
 電車内も冷房が利いていて涼しい。

(何が猛暑だ)
 と鼻歌まじりでいたら、駅を出てから暑いこと。

 スキンヘッドだから汗が止まらず、首筋に一気に落ちてきてシャツにしみ込み、猛暑だと実感した次第。

 帰途、最寄りの駅から自宅まで徒歩で10分たらずだが、陽が落ちても風がなく、歩いているうちに背中にびっしょりと汗。

 帰宅してシャツを脱ぐと、それを手にした愚妻が、
「あら、汗をかいているじゃないの」
 愚かなことを言う。

「バカ者。猛暑のなかを外出すれば、わしだって汗をかく」
「珍しいわね」
 鬱陶しいので相手らせず、すぐに風呂に入った。

 昨日、出かける前に、産経デジタルのオピニオンサイト「iRONNA」から、「炎天下の甲子園」について原稿を頼まれていた。
 熱中症の危険が叫ばれるなか、高校野球の真夏の開催について思うところを書けというわけだ。
 この日、猛暑を実感した私は、風呂から上がるや、猛然と反対論を書き始めたのである。

投稿者 mukaidani : 13:25

2018年07月24日

外は猛暑?

 気温40度の時代である。
 学校のプールも水温が高くなり、中止になったとか。

 だが、私のような自由業は通勤することがないので、暑さとはほぼ無縁でいられる。

 出かけるのは都内での打ち合わせのときだが、太陽に身体をさらすのは、部屋からクルマまで数メートル。
 打ち合わせはホテルのティールームを使うので、地下駐車場からエレベータ。
 太陽に身体をさらすことはない。

 帰宅も同じ。

 だから猛暑と言われてもピンとこない。

 道場もエアコンをきかせているので、
「ああ、涼しい」
 と、子供たちが入って来て言うと、
「外は暑いのか?」
 私は思わず問い返してしまう。

「そんなこと言ってると嫌われるわよ」
 と愚妻はたしなめるが、早朝から露天風呂に浸かっている人間に言われたくはないのだ。

 と、ここまで書いたところで、いまちょうど愚妻が日帰り温泉から帰ってきた。
 血色がすこぶるいい。
 きっと長生きすることだろう。

投稿者 mukaidani : 10:57

2018年07月23日

「口うるさい」ということ

 私のことを「口うるさい」と愚妻は批難する。

「階段の壁紙が剥がれかけているから貼っておけ」
「道場の郵便受けを見ているか」
「明日の気温は何度だ」

 思いつくまま命じるので、
「口うるさい」
 ということになるのだが、私は一度、口にするとすぐに忘れてしまう。

 だから、愚妻もシカトする。
 シカトするから、ひょいとしたときに私が思い出して、同じことを命じる。
 結果、口うるさくなる。

 これが「口うるさい」のメカニズムであって、私が悪いのではないのだ。

 そう言えば土曜夜の稽古で、
「私がいつも言っているように、腰は落とそうと思わなければ落ちないんだぞ!」
 怒鳴ったら、
「そんなこと、いつも言っていた?」

 女子高生が、隣の子に小声で問いかけたのが聞こえた。

「バカ者、いつも言っているではないか!」
「言ってないわよ」
 女子高生が口をとがらせて、
「言っていないわよ。ねぇ」
 周囲に賛同を求め、
「言っていない」
「聞いていない」
 と口をそろえて反論した。

 私はこのことは口を酸っぱくして注意しているのだ。
 それを愚妻の如くシカトしているから、「聞いていない」になるのだろう。

「私は間違いなくいつも言っている。それでもキミたちは聞いていないと言うのか?」
「聞いていないわよ。腰を落とせとは言われているけど、落とそうと思わなければ落ちないとは聞いていない。ねぇ」
「そうよ、そうよ」

 屁理屈をこねる。
 ああ言えばこう言うで、私をやりこめることが楽しいのだ。
 十代のこの子たちは、やがて我が愚妻のように育っていくのだろう。
「女性が輝く社会」という言葉が脳裡をよぎるのだ、

投稿者 mukaidani : 09:57

2018年07月22日

臥龍点睛

 夏の輪袈裟は結局、通販で購入した。
 お手ごろ価格は売り切れなので、いささか奮発した。
「いつものパターンだわね」
 と、愚妻は冷ややかな一言。

 私は何かを買おうとすると、あれこれ検討していくうちに次第に高価格のものになっていくのだ。
 カネもないのに悪いクセである。
 だがクセは、クセである以上、なかなか直らないのだ。

 昨日の昼間、九段支部に所属するベトナム人のD君が、古武道の稽古に道場にやってきた。
 8月の国際大会に出場を決めて、これで3回目である。
 北区から電車を乗り継いで佐倉市までやってくる。
 熱心さには頭が下がる。

 稽古量は正直なもので、見違えるように上達した。

 何事もそうだが、上達するためには、その人にとって「ちょっとしたコツ」がある。

 この「ちょっとしたコツ」を「画竜点睛」と言う。

 小さいことだから、当人は気づけない。

 何事においても指導とは、画竜に眼を入れる手伝いをすることではないかと、昨日、考えたのである。

投稿者 mukaidani : 10:55

2018年07月21日

輪袈裟を買いに行く

 いきなり夏の輪袈裟が欲しくなった。
 もちろん持ってはいるが、新しいのが欲しくなったのである。

 ネットで見ると、お手ごろ価格で、色味のいい輪袈裟はみんな売り切れ。
 そうだろうな。
 盛夏を迎える前に買うべきだが、うっかりしていた。

 で、今朝。
 築地本願寺内にある仏具店に行くことにした。
 ただ行くのでは時間がもったいないので、朝7時からの晨朝(朝のお参り)と、10時30分からの常例布教を聴聞しに出かける。

 晨朝が終わり、築地本願寺近くの喫茶店で2時間ほど原稿を書き、暑い中を買いに行ったら、
「申しわけありませんが、当店には輪袈裟は置いてありません」

 そうだろうな。
 仏具店だもの、うっかりしていた。

 それでも何人か知人がお参りに来ていたし、常例布教はいろんな意味で参考になった。

 何事もガッカリせず、得るものを見つける。
 転んでもただで起きてはならないと、自分に言い聞かすことであった。

投稿者 mukaidani : 13:51