2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017年05月27日

何を着ようか

 単衣(ひとえ)の季節になった。
 着物を入れ替えなければと思いつつも、面倒なので、同じやつを着て道場の仕事部屋に出かける。
 
 出かけると言っても、自宅から歩いて五分。
 ステテコを穿いたり、襦袢を着たり、帯を締めたり。
 仕度時間のほうが長いのではないか。
 バミューダにTシャツなら、仕度は秒単位である。

 だが、バミュータを重宝すると、
「着もしないのに、何枚も着物なんか買うからよ」
 と、愚妻が悪態をつくに決まっている。

 加えて作務衣も結構ある。
「邪魔なのよねぇ」
 と、これも日頃からブーブー言われている。

 頑張って着物や作務衣を着ると、天気のいい日は額に汗をかく。
 それを見て愚妻は、
「バカみたい」
 と嘲笑する。

 着なければ悪態、着れば嘲笑。
「王手飛車取り」なのだ。

 さて、今日は何を着て行こうかと、わずか5分の道のりに、私は毎日頭を悩ませているのだ。

投稿者 mukaidani : 18:33

2017年05月24日

恋しき露天風呂

 昨夕、拓大の先輩、後輩と一献傾けた。
 談論風発、楽しい時間を過ごした。
 昼間は暑かったが、日が沈んだ上野公園は涼風が吹き抜け、頬に心地よかった。

 梅雨入り前の夕刻は、一年の内でも特に好きだ。
 露天風呂が気持ちよかろうと近場の温泉を探したが、遠出するのが面倒になり、結局、6月にいつもの成田のホテルを予約した。
 天然温泉付きで、家から30分。
 気楽でいいのだ。
 こういうことだけは、愚妻はすぐに賛成。
 現金なものだ。

 去る日曜日は、しつけ教室(幼児・1年生)の保護者の方々に集まってもらい、試みとして、私から見たしつけについてお話をした。
 子どもに関していろんな問題を共有するのは、プラスになるようだ。
 空手のための空手ではなく、空手指導を通じて、子育てに資するものが提供できればいいと思っている。

 やりたいこと、やらねばならぬことが山ほどある。
 そう考えると、やっぱり露天風呂が恋しくなってくるのだ。

投稿者 mukaidani : 15:55