2017年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2017年02月24日

自分を飼い馴らす

 週末断食を始めて、「食べること」に関心が薄れてきた。
「食べる」は人間の大いなる執着なので、これが少なくなるということは、そのぶん気持ちが楽になるということなのだろう。

 ポイントは「自分の意志」。
 強制によって「食べられない」となれば、飢餓感がつのり、
「メシ食わせろ!」
 と大騒ぎすることになる。

 ということは、何事も「自分の意志である」と置き換えて考えれば、気持ちは楽になるということになる。

 浄土真宗では「行」を否定するが、「行」の本質は、苦しいことに耐えるということよりも、「自分の意志でやる」にあるのだろう。

 要は、いかにして「自分を飼い馴らす」か。
 ここが大事なのだ。
 

投稿者 mukaidani : 12:42

2017年02月20日

外出の仕度

 私は、デスクトップのキー・ボードが好きだ。
 ストロークが深いので、指に負担がかからない。
 ノートパソコンはストロークが浅いので、ガツンと底を打っているような感じで、指が痛くなる。

 忙しいときは、仮眠の都合もあって、自宅でも仕事をするのだが、自宅はノートパソコンなので、指が腫れて太くなっている。

 以前はディスクトップを置いていたのだが、邪魔になると思い、ノートバソに切り替えたのがまずかったようだ。
 何事も、一長一短であるということが、よくわかるのである。

 今日は、葬儀に参列した。
 愚妻は昨夜、所用があって泊まりがけで出かけたのだが、私ひとりでは外出の仕度ができない。

 黒いスーツはどこにあるのか、黒いネクタイは、カフスは、ベルトは、靴下は、ハンカチは、香典は・・・。

 これらすべてを、愚妻に用意させておく。
「いいか、ベルト一つ用意し忘れても、外出はできなくなる。心して準備いたせ」
「わかってますよ」
 と不機嫌に答えるが、長年にわたる私の薫陶もあって、さすがに用意は万端である。

 朝、階下に下りていくと、手袋も、マフラーも、ネクタイも、好きなほうをしていけるよう二種類用意してあった。
 風呂も、お湯が替えてある。

 私がタバコを吸っていた30余年前、
「タバコと言ったら、灰皿も一緒に出すものだ」
 と、そんな初歩的なことから、今日まで愚妻を鍛え上げたのだ。

 思えば私も苦労したものだと、朝風呂に浸かりながら感慨にふけったのだった。

投稿者 mukaidani : 23:38

2017年02月18日

ムダな会話。

 今日は午後から空手関係の会合。
 夕方、道場に帰ってきて、9時まで稽古。
 結局、仕事は午前中の3時間しかできず、明日にしわ寄せ。

 だが、明日は朝9時に保護観察対象の家を訪問するので、仕事は昼からになる。
 毎日が時間との競争で、起きるとすぐ風呂に入り、自室に脱ぎ散らかしたスエットを着て仕事にかかるため、ここしばらく着物を着ることがない。

 現代社会にあって着物を着るというのは、精神的な余裕を必要とするということがよくわかる。
 着物が「ゆったりとした生活」の象徴のように思われるのは、あながち根拠がないわけではなさそうである。

「そうは思わぬか?」
 愚妻に問いかけると、
「着物くらい、着ればいいでしょ」
 即物的な答えが返ってくる。

「そういう意味ではない」
「じゃ、どういう意味なのよ」
「着物はゆったりとした生活の象徴ということだ」
「だから、着物くらい着ればいいのよ」
「そういう意味ではない」
「じゃ、どういう意味なのよ」
「着物はゆったりとした生活の・・・・」

 会話は堂々めぐり。
 忙しいときに、私はこうしてムダな時間を費やすのだ。

投稿者 mukaidani : 23:16