2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2017年04月23日

大所高所という「まやかし」

 アメリカは北朝鮮を攻撃するのか。
 連日のニュースと解説を耳目にしていて、
「なんだかなァ」
 と思ってしまう。

 特に評論家諸氏は、アメリカが「やる」とも「やらない」とも明言せず、
「何が起こっても不思議ではない」
「可能性は排除できない」
 と、口調こそキッパリとしているが、要するに「わからない」と言っているのだ。

「これなら私でも言えるわ」
 と愚妻があきれていたが、まったく同感である。

 実際、どうなるかわからないにしても、専門家であるなら、自分なりに現状を分析して、
「私はこう読む」
 と、自分の意見を口にするべきではないか。

 それをしないで、「何が起こっても不思議ではない」と言って逃げるのはいただけない。

 なぜ、彼らが明言を避け、言葉に保険を掛けるかと言えば、結果が間もなく出るからだ。

 これが、「今後、世界はどう動くか」といった大所高所のテーマであれば、結果は雲の彼方なので、「こうだ」「ああだ」と言いたい放題で、わかったようなことを言う。

 プロ野球の勝敗予測といっしょで、どのチームが優勝するかについては、堂々と意見を開陳するが、
「さあ、今夜のナイトゲーム、どっちが勝ちますか?」
 と問われたら、「何が起こっても不思議ではない」式のコメントになる。

 大所高所からの総論なら誰でも言えるのだ。
 政治家が信用されないのは、まさにここにある。

投稿者 mukaidani : 19:27

2017年04月19日

皮膚科で切除

 一ヶ月ほど前、左掌中指の第二関節のところに米粒ほどのオデキ状のものができ、当たると痛いので、一週間ほど前、皮膚科で診てもらった。

 切除することになったのだが、切除した痕(あと)を一応、縫合しなくてはならないと医者に言われ、咄嗟に脳裡をよぎったのは「温泉に浸かれなくなる」ということだった。

 で、切除する前日の17日、奥秩父の日帰り温泉へ、あわただしく出かけた。
 高速道路を使って片道約3時間余りだから、行って帰って約7時間の運転。
 くたびれた。
 その前の日は空手大会があり、夜は遅くまで懇親会。
 朝起きると身体がだるく、本来なら日帰り温泉はパスするところだが、「明日から温泉に浸かれなくなる」という切迫感で出かけた次第。

 奧秩父だけあって、山に囲まれ、風情があってよかったが、往復7時間となれば、「なんだかなァ」である。
 だが、人生は面白がってナンボ。
 そう思えば、これはこれでいいのだ。

 思い残すことはなくなり、昨夕、オデキ状のものを切除。
 ベッドに横たわり、中指を挟んで両サイドの指の股に麻酔注射。
 麻酔の方法については、ウチの道場に来ている医者から聞いていたので、手順どうり。

「指、重い感じがしますか?」
「ハイ」
「では始めます」
 と医者は言ったが、何となくイヤな予感。

 メスを当てた(のだろうと思う。見えないから)。
 その瞬間、
「痛テテテテ!」

 私の場合、その量ではじゅうぶんに麻酔が効いていなかったのである。
 急遽、追加麻酔となった次第だが、何しろ掌(てのひら)だから痛いの何ので、全身から汗。

 実は、愚妻が「手術なんだからジャージで行きなさいよ」と言ったのだが、私は異を唱え、
「手術だからジャージでいいという考えは安易で間違っておる。手術だからこそ、きちんとした服装をすべきだ」
 と諭し、白いワイシャツにベスト、スラックスで行ったのである。

 おかげでワイシャツは汗を吸ってビッショリ。
 帰宅して愚妻にわけを話すと、
「だからジャージにしなさいと言ったじゃない」
 勝ち誇ったように言う。

 一理あると思わないでもないが、
「これは、たまたまのアクシデントであって、わしの考えは間違ってはおらん」
 癪なので、愚妻の言い分など頑としてしりぞけたのである。

 それにしても、あわただしい一週間であった。

投稿者 mukaidani : 16:05